« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

おばあちゃん心と秋の空

昨日のお休みは、母と弟と3人で瀬戸田に行ってきました。

母方のおばあちゃんちです。
 
おじいちゃんが亡くなってから、一人で暮らしているので
 
たまにこうして様子を見に行くのと、お墓参りのためです。

こんにちは~
 
家に着くと、部屋の中が暗い。

奥から弱々しい声が・・・。
 
「おばあちゃん、今朝からずっと体調悪いけー寝とるんよ」
 
そうなん?大丈夫?無理せんでいいから、寝といていいよ
 
「足も痛いし食欲も無いしねぇ、朝からなんにも食べれんのんよ」
 
ケーキ買ってきたんだけど、じゃあ食べれないかな
 
「せっかくじゃけぇ食べようかね」(よっこいせ)
 
あ~寝ててもいいのに、あ~コーヒーも自分達でいれるよ
 
「そっちじゃなくてこっちの古い粉から使いんさい」(ごそごそ)
 
は・・・はい・・・
 
「これおばあちゃんの?」
 
そうだよ。好きなの食べていいよ
 
「足が痛いけーどこにも買い物に行けれんのよ。

 ケーキなんかおばあちゃん食べることないわぁ」
 
食欲ないって言ってたけど大丈夫?
 
「シュークリームもよばれようかね」
 
う・・・うん(笑)。いっぱい食べなよ
 
「おばあちゃん外にも出れんし、だーれも訪ねて来てくれんし、
 
 一日中誰とも喋らずに過ごす日ばっかりよ」
 
ごめんね。もっと来るようにせんといけんね。
あれっ、このお菓子は?
 
「それ先週○○さん達と旅行に行ったとき買ったんよ。」
 
旅行。ちなみに来週の予定は?
 
「コーラスの発表会よ。おばあちゃんヘタじゃけぇ恥ずかしいわぁ」
 
そうなんだ。がんばってね。(意外と充実してる・・・)
 
「これこないだ買ったんじゃけどどうかねぇ。

 おばあちゃんには派手かねぇ」
 
そのジャケット?似合うと思うよ。

(買い物行けれんって言ってたような・・・)
 
「○○ちゃんに毛皮の首巻きもらったんじゃけどどうかねぇ」
 
わ~いいじゃん。

そのジャケットに合わせたらセレブなマダムってかんじだよ
 
「ま~たwおばあちゃんがwwマダムじゃことのwww」
 
(嬉しそう・・・)
 
そしたらおばあちゃん、お墓参りも行かんといけんからそろそろ行くね。
 
「うん。あんたら正月は来るんじゃろ?」
 
行くよ。またビンゴ大会()しようね。
 
※N村家の年末恒例行事。賞品の代わりに10円~5000円までの現金がもらえる。
昨年おばあちゃんはボロ勝ちして合計1万円くらいを獲得した
 
「おばあちゃん独居老人でお金がないけー、いっぱい稼がんといけんw」
 
たくましいねw じゃあまた来るから。見送りはいいからね。
 
「うん。気をつけて帰るんよ。」
 
わかった。おばあちゃんも体だいじにね。
 
ブロロロロ・・・・rvcardash
 
「あんたらみかん持って帰らんのん!みかん!!」

 
(とつぜん車に駆け寄る)
 
おばーちゃん!!走ったら足が!っていうか車っ あぶなっ
 
 
キキ~~impact(急停車)
 
 
みかんは・・・本家のおばちゃんから

いっぱいもらったからいらないよ・・。
 
「あらそうなん。おばあちゃんとこにもいっぱいあるのに。
 
 じゃあ寒いけーおばあちゃんもう家入るよ。見送りはせんけーね。」
 
うん・・・バイバイ・・・。(ほぼ見送ってるよねこれ・・・)
 
 
そんな感じで、無事に顔見せのイベントは終了しました。
 
 
元気なんだか元気ないんだかよくわからないけど、
 
ハイパー可愛いばあちゃんです。
 
長生きしてほしいもんです。
 
そんな火曜日でしたpaper
 

| | コメント (0)

お菓子配給の巻

夕方、取引先の富士ゼロックスの方々が来社されていました。

しばらくすると、N塚くんが何やら高級そうなお菓子の缶を持って

降りてきました。

察しのいい女子社員。

やったーhappy01  お土産だ~upheart04

クッキーをいただきました。

しかし、いつもならすぐに反応するU川嬢が、

珍しく仕事に熱中しすぎて気づいていません。

「ゼロックスさんからのお菓子だよ」と声をかけるN塚くん。

急に声を掛けられて焦ったU川、あわてて

「えっ?なにっクスさんですかsign02

 

とのたまう。

「なにっクス」ってなんだ~~~~~sign03

そこまで聞こえてて何でゼロックスが出てこないんだ~~~sign03

曲がりなりにも特約店だろウチは~~~~~~~sign03

他にどんな○○ックスがあるっていうんだよ~~~~~~sign03


私はそんな心の叫びを押し殺しつつ、クッキーをいただきました。

おいしかったです。

ありがとうございました。


そんな木曜日です。

バハハイpaper

| | コメント (0)

チョコパイ事件

チョコパイって美味しいですよね。
 
 
Pie
 
 
 
先日、お腹がすいたなと思って戸棚を探したら
 
チョコパイがありました。
 
子供の頃から食べているベストセラーのチョコパイ。
 
小腹が空いた時のチョコパイ。
 
わーいと思いながらひと口食べたら、
 
「・・・?」なんか違う。
 
チョコパイってこんな味だったっけ。
 
パッケージをよく見ると・・・
 
「!!」
 
ロッテのチョコパイじゃない!
 
なんか・・・聞いたことないメーカーだ!
 
だまされた・・・(?)
 
隣にいた母に「このチョコパイいくらした?」
 
と聞いたら「10個入りで一袋168円だった」とのこと。
 
やはりな・・・。
 
母「なんで?」
 
私「おいしくない」
 
母「何言ってんの。贅沢言わん!」
 
ということで、我慢して残りのチョコパイをたいらげたのです。
 
 
そうこうしていたら、弟が仕事から帰ってきました。
 
チョコパイを見つけ、おもむろに食べ始める弟。
 
「なんこれ。まずっ!」
 
やはり同じ味で育ってきた弟だ・・・。

母「何なんあんたらは!人が買ってきた物に文句ばっかり言って!」

弟「だってこれはダメじゃろ。これは無いよ」

母「どこがいけんのん?」

弟「チョコの味がなんか変。パリっとしてないし」

私「スポンジもパサパサしてる」

弟「間のクリームがマシュマロっていう時点でダメ」

私「ロッテのパッケージに似せとるところも許せん」
 
母「全部じゃん
 
 
チョコパイに並々ならぬ情熱を注ぐ姉弟に、
 
お菓子なんてどれも一緒よと諭す母。
 
弟「じゃあ母さんも食べてみなよ」

母「ほんまにこの子らは文句ばっかり言って・・・ブツブツ・・・」
 
ぱくり
 
母「・・・」

私&弟「どう?」

母「まずい

私&弟「じゃろ」
 
 
そんなわけで、残りのチョコパイは
 
何を食べても文句一つ言わない父のおやつとなり、
 
後日正式(?)なロッテのチョコパイが戸棚に入っていました。
 
 
たしかに贅沢は言っちゃいかんよね。
 
いい大人なんだからお菓子くらい自分で買えよってね。
 
 
でも私は声を大にして言いたい!
 
 
パクリはダメよ! ○○○○(メーカー)!
 
 
 
そんな月曜日でした。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »