« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

日曜の朝はホットケーキ

さわやかな朝です。


セミが元気良く鳴いています。


そんな休日の朝は、ホットケーキを作ることにしました。


いま、我が家にはホットケーキミックスが大量にあるのです。


以前、教え子たちがホットケーキパーチーをしようと盛り上がっていた所、母になんの断りもなく「うちを使わせてあげよう」と提案してしまい母の怒りを買った父。


その後、女子高生たちに台所とリビングを好き勝手に使われて怒り爆発寸前だった母に、残った大量のホットケーキミックスを「お土産だよハッハッハ」と言いながら手渡し更にキレさせたという、いわくつきの粉です。


そんなものは早く使い切ってしまいましょう。


卵一個と、牛乳100mlを混ぜ合わせ、ミックスを投入。


フライパンを熱して濡れ布巾で少し冷まし、タネを投下。


表明に穴が空いてプチプチと可愛い音がしてきたら、ひっくり返します!


緊張の一瞬!!さて、裏面は…!?


・・・・・・・。


ホットケーキってさぁ、どんなに慎重に焼いても最初の一枚はコゲるよね。


これはもう真理だよね。


だいたいさぁ、食べられない材料は一つも入ってないんだから少々ウェルダンになったって全然問題ないよね。


そんなわけで、これは後から起きてくる弟の分です(鬼)


しかし二枚目からはコツをつかみました。


最後の方は、焼き色だけならプロ級です!


1342918694143.jpg


積み重なった食べ物って、なぜか美味しく見えます。


バターなんて洒落たものは常備されていないので、マーガリンです。


おばあちゃんにもらったハチミツをとろーりかけたら、完成~。


1342918695905.jpg


いただきまーす。


1342918696828.jpg


うーん、おいしい。


こぐまちゃんのホットケーキにも負けてないんじゃないでしょうか。


久しぶりに焼いたけど、やっぱり好きです。


ホットケーキ。

さてさて、今日はどこに行こうかなぁ。


そんな日曜日ですpaper


| | コメント (0)

ラバーダックと海王丸の巻

今日は母と尾道へ。

自家菜園で野菜を作っている母の友人が、今朝とれたばかりの野菜をくださるとの事で受け取りに行ってきたのです。

ついでに、14日から開催されている「海フェスタおのみち2012」ものぞいてきました。

とても天気が良く、強い日射しにクラクラしつつも会場を歩いていると・・・

 

Photo_5

 

アヒルさん仕様のFitを発見。目がつぶらでキュートです。

グッズを売っている物販コーナーのようでした。

肝心の、巨大アヒルさんはどこに・・・・・?

 

「さっきの車、車検通るのかな」などと無意味なことを考えつつ歩いていると、突然見慣れない物体が見えてきました。

 

Photo_3

 

い、いたー! 巨大アヒルのオブジェ、「ラバーダック」です。

 

Photo_10

 

ド ド ド ド ド ド ド ド・・・・・・・・

 

Photo_11

 

ドーーーーーーーン

(かわゆいだろ?高さは9.5mもあるんだぜぇ)

 

3

 

後ろのフェリーと対比しようとしても、なんだか遠近感がうまく掴めずシュールな光景でした。

オランダ人アーティストのフロレンタイン・ホフマン氏による「ゴム製の巨大アヒルさんを世界中の海に浮かべよう!」というプロジェクトの一環だそうです。

ラバーダック・プロジェクト

Florentijn Hofman(フロレンティン・ホフマン)

東京や大阪で展示されているのはニュースで見たことがあるのですが、まさか実物を見れるとは思っていませんでした。

 

ある方に聞きましたが、このアヒルさんを浮かばせるには結構な準備がいるそうです。

大規模な海底工事が必要で、強力なアンカーを打ち込んでおかないと風に流されたりして大変なことになるからだとか。

確かに操縦席もついてないし、牽引も難しそうだし、こんな巨大な浮遊物が海上でコントロールを失ったら大変です。

かわゆい顔をしてても、足腰(?)は強靭。

底知れぬ魅力を放つ巨大アヒルさんでした・・・。

 

 

その後は、グリーンヒルホテル尾道のレストランでランチ。

 

Photo_6

 

この鯛のポワレ、美味しすぎて感動しました。皮がカリカリで、身はふっくらジューシー・・・ソースも絶品・・・。

しかも、ここはドリンクとサラダとスープとパンと前菜がビュッフェ形式になっているのです。

好きなものを、ちょうどいい量で食べれるので女性には嬉しいですね。

母はなぜか前菜の一部である「もずく酢」が大変気に入ったようでした。

 

 

食事の後は、尾道の街を散策。

私の大好きな路地や古い街並みがたくさん残ってて、非日常感を堪能することができます。

 

Photo_8

 

iPhoneのアプリで撮影すると、レトロ感がさらに増してタイムスリップしたかのような気分に浸れます。

街中は暑すぎたので、屋根のある商店街へ避難。

 

Photo_7

 

古い商業会議所が開放されていて、中で展示が行われていました。

ここは2階に上がると実際に使用していた議会場が見学できるそうです。

 

Photo_9

 

おぉおぉ~~~~~。

ここで尾道の街づくりや商業に関するいろいろな議論が交わされていたのですね・・・。

なかなか見どころのある場所でした。

 

その後は、やまねこのお菓子のお店に立ち寄り、手土産のプリンと焼き菓子を買って母の友人宅へ向かいました。

写真を撮り忘れてしまったのですが、新鮮なきゅうり、枝豆、ナス、トウモロコシをたくさんいただきました。

夕食に枝豆とトウモロコシを茹でて食べてみました。

自家製の腐葉土を混ぜた土で育てているそうで、身がぷりっぷりしていてジューシーで、すっっごく美味しかったです。

野菜育ててる人って、なんだかすごく素敵だ・・・。

日中はものすごく暑くてバテてしまいそうでしたが、行ったかいがありました。

 

そういえば、尾道だけでなく福山のイベントの方にも少しだけ行ったのでついでにアップしておきます。

帆船「海王丸」のライトアップです。

 

Photo

 

近くで見ると迫力があって、わくわくしました。

奥の方でジャズライブが行われており、抒情的なサックスの音色が流れてきます。

会場はなんだかとってもムーディーな雰囲気に。

ここは外国の波止場かしら・・・なんちて・・・

しかし、一緒に行ったのはヒマを持て余していた弟と母です。

 

Photo_2

ドヤッ(なぜ?)

ロマンのかけらもなく、家に帰りました。

 

 

それにしても、今回の連休はとても蒸し暑く「夏らしい」休日でしたね。

みなさんも、夏バテには気をつけて。

明日からもお仕事がんばります。

 

そんな日曜日ですpaper

| | コメント (0)

ミル金発祥の店、「喫茶カニドン」に行ってきました

暑くなりましたね。

「今年はなかなか暑うならんねぇ」と言っていたのがつい2週間前ですが、昨日は天気もよく夏晴れの一日でした。

カラッとした空気と暑い日差し・・・「かき氷」が食べたくなる季節というやつです。

そこで、ミル金で有名な岡山の「喫茶カニドン」に行ってきました。

 

Photo

 

県庁通りをまっすぐ進んでいくと、天満屋の斜め前くらいに看板が出ていました。

それにしても「カニドン」って、変わった名前・・・。

薄暗い階段を上がっていくと、お店がありました。

 

Photo_2  

これ補正で明るくしてるのですが、実際はもっと暗いです。

まさに「昭和」って感じ。Vシネマとかに出てきそうな佇まいです。

中に入ると、常連さんらしきおじさんが本を読んでいました。

気になるメニューは・・・

 

Menu1  

ミル金発祥の店といわれているだけあって、一番上にミル金の文字があります。
かき氷にしては、なかなかいいお値段。

 
二人で一つのかき氷しか頼まないお客さんもいたのでしょうか、注意書きが書かれていました。

 

Menu2  

裏面には謎のメニュー「ヤキソバゴハン」の文字。
そばめし的なやつなのか、焼きそば定食的なやつなのかわかりませんでしたが、気になる存在です。

日本語のたどたどしいスレンダーなお姉さんがオーダーを聞きに来てくれました。

とりあえず、宇治ミル金を注文。

待つこと数分・・・

 

Photo_3

わ~。すごい高さです。
ミル金と言っても練乳ではなくて、ミルクセーキのシロップみたいな感じでした。
抹茶の緑とのコントラストが涼しげです。

氷の下には、あずきが隠れていました。

縁日で食べるようなガリガリの氷ではなく、ふわっふわの細かい氷にシロップがたくさん染みこんでて、かなり美味しい。

ミルクセーキ好きとしては、たまらん味です。

しかし氷がふわふわなので、食べ進んで行くと・・・

 

2

 

崩落事故発生。

この後、落盤した部分をあずきと絡めて食べたり、そーっと穴を開けるように掘り進めてトンネルを開通させたりして、楽しくいただきました。

食べ終わった後にはすっかり汗も引いて、体も冷えていました。
(若干寒すぎたくらい)


昭和レトロな香り漂う、不思議な空間。

みなさんも夏の間に岡山に行く機会があれば、ぜひミル金を食べに立ち寄ってみてください。


そんな日曜日でしたpaper

 

 

 

関連ランキング:喫茶店 | 県庁通り駅田町駅西大寺町駅

| | コメント (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »